前の会社でウォ―ターサーバーをレンタルしていました。

以前勤めていた会社に「クリスタルクララ」のウォ―ターサーバーがありました。
レンタルでした。

確かにおいしいお水だし、冷水も熱湯も蛇口からすぐに出せて便利でした。
でも電気代もかかるし、メンテナンス費用も取られ、お水1つで5千円位したと思います。(一つ、5キロくらいです)
そう考えると、結構いい商売ですよね。

なので、その会社はほどなくウォ―ターサーバーのレンタルを止めてしまいました。

でも、私は自分の家に小さい物をレンタルしたかったです。
水代にそんなにお金を出せないので、諦めましたが。

我が家ではスーパーで売っている簡易浄水器を水道の蛇口に付けて、使っています。
でも水道の水をそのまま飲む気がしなくて、必ず一度煮沸してから冷やして飲んでいます。
建物が古いので、水道管そのものが老朽化してさびの味がしたり、簡易浄水器のフィルターが茶色っぽく変色したりします。

できれば安心で美味しい水を飲みたいですが…
大体、ウォーターサーバーの水って、ちゃんとしたところの安全なお水を使っているのでしょうか。
確かにおいしかったから、大丈夫とは思いますが、疑い出したらきりがありません。

今勤めている会社の水道は、そのまま使っていて、簡易浄水器すら付けていません。
3.11の直後は放射性物質の汚染が気になり、ミネラルウォーターを買って飲んでいました。
今の会社もウォーターサーバーを置けばいいのに。
社長はケチだから無理だろうな~。

ウォーターサーバーは以前まではなかなかお目にかかれないものでしたが、現在では様々な場所で利用する事が出来るようになりました。   例えば企業や、病院の待合室に設置してあったり、自宅に設置すると言う家庭も増えてきているようで、我々の生活においても身近な存在になりつつあります。   今まで美味しい水を飲むとなると、2リットル入のお水を購入していると言う方が多かったと思います。   ですが、冷蔵庫に保存したり、お湯が欲しければその度に沸かしていたりとしていたという人がほとんどでした。ですが、ウォーターサーバーは、最大でも12リットルの容量がありますし、利用するサーバーによっては、熱湯と冷水が出せるという機種もあります。  
参考:ウォーターサーバーについて|天然水宅配おまかせ便


冬にも最適なウォーターサーバー

ウォーターサーバーはおいしくて安全な水がいつでも飲めるので人気ですが、夏には特に利用する人が増えます。それは汗をかいて帰宅して自宅で飲む冷たい水がとてもおいしいので爽やかになるからです。しかし冬の時期もこうしたサーバーがあるととても助かります。

まず、この時期はお茶を飲みたくなるものですが、お茶というのは沸騰するほど熱いお湯だと熱すぎてしまうというのがあるのですが、ウォーターサーバーの沸騰手前の80-90度くらいというのがお茶を飲むには適温でおいしく飲むことができるのです。

さらにインスタントコーヒーをすぐに飲みたい時などもこのウォーターサーバーで作ることができますのでちょっとしたリラックスタイムを演出してくれるのです。

そして寒い日の外出などには水筒に暖かいお湯を入れて持ち歩くことも容易にできます。こうして考えると、寒い冬の時期にもウォーターサーバーはとても役立ちますし、1度設置するとやめられなくなるほど便利であるということを実感することになります。


水を買うようになって

私が子供の頃は水道水を飲むことは当たり前だった。
家でも学校でも喉が渇けば水道水をガブガブ飲んでいた。
「外国では水道水は直接飲めない。」と知った時はとても驚いた事を覚えている。

その後日本でもペットボトルで水が販売されるようになったが、当初は「水を買うの?もったいない。」と思っていた。
では、今はどうか?

水道水を飲むことはほとんどない。

ペットボトルも数本常備しているがこれは防災のためで、普段はウォーターサーバーを使っているからだ。
日田の天然水がお気に入りだ。

一度ウォーターサーバーを使うとその便利さと美味しさでもう手放せない。
特にコーヒーを淹れた時の違いが大きい。

私はいつもコーヒーに豆乳をいれるのだが、水道水を沸かしたものだと分離することが度々あった。こうなってしまうとせっかくのコーヒーの味は台無しだ。理由は分からないが天然水だとそんなことは一度もない。まろやかで美味しいコーヒになる。

私の中で水を買うことは、今では当たり前になっている。
でも「贅沢だな」という気持ちもまだ微かに残っている。


介護施設でウォーターサーバーを導入しました

有料老人ホームに勤めている者ですが、今年の四月よりウォーターサーバーを導入しました。
設置場所は大浴室です。
以前は入浴介助に合わせて水差しに水と氷を入れて紙コップで入浴後の利用者に水分を提供していたのですが、ウォーターサーバーを導入してからはその業務から解放されました。
このウォーターサーバーは20リットル入のボトルを機械に差し込むタイプで、業者がボトルを持ってきてくれるという形をとっています。
これは災害時にも飲料水をここから取れるという一石二鳥を狙ったものだそうで、業者のコストはかかるけれど、その分安心料も含まれているとのこと。
温度も適温に管理されていています。問題は味ですが、これは賛否両論となっています。私の味覚で感じたことなので確証はないのですが、おそらく硬質系の水のようで、人によっては口に合わないのかもしれません。
ボトルの水に軟水・硬水の種類があるのかは知りませんが、水の味で変えるほどのことではないと思いますので、おそらくこのままでしょう。

ちなみにこの水の味について文句を言う方もいらっしゃいますが、結局なんだかんだ言って飲まれています。


わが家の蛇口から出る水で満足してます

私の家の水道にはカートリッジ式の浄水装置が付いています。とっても小さくて、「これが浄水装置なのか?」と最初は目をうかがうほどでした。だって、水道の蛇口の中にすっぽりと収まってしまう大きさなんですから…。そんな小さな浄水装置があるんだな…と感心したほどです。

そのカートリッジを蛇口の中にセットして水を出すと、もう蛇口から出ている水はきれいな水に変身しているという訳です。
なんだかすごいですよね。一昔前の浄水器とはわけが違います。こんなに小さなカートリッジの中に、いったいどんな仕組みが備わっているのかと頭を捻ってしまいそうになります。

そのカートリッジ式浄水器のおかげで、家の蛇口から流れる水は安心して飲むことができます。元々嫌な臭いもなかったし、味もまろやかなおいしい水でした。それが小さな浄水器ひとつでもっとまろやかで美味しい水に早変わりしたのですから、他の水をわざわざ買ってきたり宅配してもらう必要性を感じないのです。


海外では水には気をつけたほうが良い

海外に行くと食べ物よりも気をつけなければならないことは、水が大丈夫かどうかということです。
日本の水と海外の水とでは水分内に含まれている成分が異なる可能性が高く、普段口にしていない水を飲むと体調を崩す可能性があるのです。
そのため、海外に旅行に行く際などは、日本から水を持っていく人も少なくありません。また、現地でも天然水は販売しているので、基本的には販売されている天然水を飲んだほうが良いと思います。水道水は極めて危険だと思います。
どのような成分が含まれているかわかりませんし、そもそも綺麗かどうか不安もあります。
滞在が長くないのであれば、水は飲む分だけ購入した方が旅行中に安心して過ごせると思います。私も何回か海外に行きましたが、水には細心の注意をしました。
ホテルなどでも無料で天然水を用意してくれているので、それを飲んで過ごしました。
海外だと仮にお腹が痛くなったときでも気軽に病院に行くということは難しいので、とにかく売っている物など少しでも安全な飲み物を飲みました。


硬水と軟水のお水を飲んだ感想と効果について

私は長い間便秘に悩んでいて、便も硬いので水を1日1.5Lは飲む様にしました。

試しに通販で便秘に効くと言われている海外の硬水を買ってみたのですが、最初は便通も良く気に入っていたものの、12本飲み終わる頃には胃が痛くなってしまい硬水を一時的に中断してしまいました。
水と胃が関係があるのか分からずにネットで調べたところ、日本人は小さい頃から軟水ばかり飲んでいたので硬水が身体に合わない傾向があり、特に元々胃の弱い人には硬水が強過ぎて胃が悪くなる事もある。
という記事を目にしました。

便通が良くなったとは言え、それ以上硬水を飲み続ける事が出来なくなったので、今度は馴染みのある軟水を飲む様になりました。
軟水は硬水よりも値段が安く、とても飲み易いので1.5Lの量も難なく飲む事が出来ました。
そして気になる便通もなかなか調子が良く、便の硬さも大分気にならなくなったのでこれからも健康の為にお水を飲み続けるつもりです。
お水を沢山飲むと脳梗塞になるリスクも減るそうなので、頭痛持ちの私はより気をつけて飲まなくてはいけません。


ミネラルウォーターを箱買い

いつも水は、料理をするときなどは水道水を使い、飲料用の水が飲みたいときはその都度ペットボトルのミネラルウォーターを買っていました。
しかし、何となく水道水で調理をするよりもミネラルウォーターのほうが安全でおいしくできるのかなあと思うようになり、ウォーターサーバーを自宅に設置しようかなと考えるようになり、価格や取扱いメーカーなどを調べてみることにしました。

価格は、だいたいの価格帯は同じくらいですがじゃっかんのバラつきがありました。
そして、取扱いメーカーも、CMなどで聞いたことがあるようなところから、全く知らないところまで様々。
水の種類も、国内天然水から、ハワイなどの海外の水など色々あり、それぞれにメリット、デメリットがあってすぐには決めきれませんでした。

結局、ウォーターサーバーはやめ、時々ペットボトルで買っているミネラルウォーターをネットで箱買いすることにしました。

そうすると、一本当たりの単価もその都度買うよりも安く、料理にも使いやすく持ち歩くこともできるので、私にはそれがちょうどよい結果となりました。


味噌汁が格段に美味しくなる天然水

私が好きな天然水は、山梨県の天然水です。どうも、この県の天然水の味が自分の舌に合っているのです。その水は、自然が作り出す水でもあり、いかに自然が多く残っているかが関わっているのだと思います。

日本の天然水は、実にまろやかで飲みやすいです。その水でジャガイモを茹でますと、とても柔らかく茹で上がります。その味に甘みがたくさん出て、とても美味しくなります。

味噌汁との相性も良く、あまりダシや味噌を入れなくても、その味にコクが出ます。紅茶もまろやかで、砂糖を入れなくても美味しく飲めます。

今では天然水が無いということが考えられません。常に20リットル以上はストックしてあります。天然水が入っているボトルも、近頃はエコを考えています。

選ぶ時にも、そんなエコなボトルに入ったものを選ぶようにしています。

天然水は、水出しタイプのお茶にとても合います。お茶の風味が良くなります。

家族も天然水の魅力にハマっています。常に冷蔵庫には冷えた天然水を入れています。


水と言う偉大さついての知識です

かなりの考え方で、水と言うものは美しくもあり、逆に、悪い成分で身体に悪影響があると思います。人や生命の起源は水にあります。
水は地球のプランクトンが水分、つまり水の中で、すくすくと育ちました。
水と言うのは生命の起源そのものなのでございます。水がなくては人は生きて行けません。例えですが、ラクダに乗るとき、こぶに水が蓄積せれているそうです。
なので必ずラクダと同等に人間も水が必要でございましょう。必ず明日が輝いているように水も必ず人の美容、健康、美肌、につながると、思います。
美しい女性の秘訣は、書物で読みましたがミネラルウォーターなどでなりたっています。
美しい日本ジョイの健康の秘訣かもしれませんね、ワールドワイドでです。
本当においしいい水は、必ずと言っていいほどおいしく飲むことができます。
個人的には、なめらかで、シャープではなく優しい栄養的な味わいでございます。
ミネラルウォーター入りの清涼飲料水も多いですね。