介護施設でウォーターサーバーを導入しました

有料老人ホームに勤めている者ですが、今年の四月よりウォーターサーバーを導入しました。
設置場所は大浴室です。
以前は入浴介助に合わせて水差しに水と氷を入れて紙コップで入浴後の利用者に水分を提供していたのですが、ウォーターサーバーを導入してからはその業務から解放されました。
このウォーターサーバーは20リットル入のボトルを機械に差し込むタイプで、業者がボトルを持ってきてくれるという形をとっています。
これは災害時にも飲料水をここから取れるという一石二鳥を狙ったものだそうで、業者のコストはかかるけれど、その分安心料も含まれているとのこと。
温度も適温に管理されていています。問題は味ですが、これは賛否両論となっています。私の味覚で感じたことなので確証はないのですが、おそらく硬質系の水のようで、人によっては口に合わないのかもしれません。
ボトルの水に軟水・硬水の種類があるのかは知りませんが、水の味で変えるほどのことではないと思いますので、おそらくこのままでしょう。

ちなみにこの水の味について文句を言う方もいらっしゃいますが、結局なんだかんだ言って飲まれています。


Leave a Reply

Your email address will not be published.